ねぎ麻呂のちょっとそこまで

<伏見名水巡り・スタンプラリー編>

伏見は「伏水」と云われ、京都の銘酒を生み出す命の水が豊富に地下水を流れている。私も毎週のように地下水を汲みに伏見まで出向いておりますが、本当に美味しい水です。焼酎と割るのには最高の水です。日本百名水に選ばれた「御香宮」も有ります。

京阪電鉄「中書島」〜「伏見」〜「丹波橋」の間を歩けば名水巡りがほとんど出来ます。途中には銀座発祥の地があったり、ソースとんかつ発祥の店があったり、焼き鳥で一杯引っ掛けて帰っても良しと伏見の歴史と町並みを堪能できます。

皆さんも銘酒と名水を堪能されてはいかがですか。

毎年4月初〜5月末頃までスタンプラリーがあり、景品がもらえますよ。


長健寺<閼伽水 -あかすい->

十石舟乗り場の前に有ります。閼伽水とは仏様に供える水を言います。


月桂冠大倉記念館<さかみず>

大蔵記念館を入ると入場料と書いてありますが、「水を飲ませてください。写真を撮らせてください」と言えば井戸まではタダで行けます。ここの水は持ち帰り出来ません。

ホームページ有り


黄桜カッパカントリー<伏水 -ふしみず->

カッパカントリーには有りません。カッパカントリー裏の黄桜記念館の中に有ります。

ホームページ有り


鳥せい本店<白菊水 -しらぎくすい->

白菊水は朝から水汲みの人で一杯です。ペットボトルをたくさん持ってきている人が水を入れていれば遠慮なく「一口頂けませんか」と声を掛ければ水が頂けます。店が開いていれば店の中でも水は飲めます。

ホームページ有り


トレビの泉 ・・・2008年1月現在どういうわけか今は水が止まっています。残念!

私が愛用している水汲み場です。朝から人が多いのですが、水量が多いので他の湧水場所よりも早く順番が回ってきます。サティーの前に有ります。ここにはスタンプはおいてありませんが、伏見名水の一場所です。


御香宮神社<御香水 -ごこうすい->

名水100選にも選ばれた京都一美味しい水が出る神社です。私も一ページ作っておりますので参考にご覧ください。

ホームページ有り


大黒寺<金運清水 -きんうんしみず->

縁起の良い水です。一番風情のあるように作って有ります。寺田屋事変で無くなった九人の墓がこの寺にあります。新しい墓石に成っておりますが、西郷隆盛が九人のために建てたんですって。


板橋小学校<板橋白菊 -いたばししらぎく->

小学校でも名水が湧き出ます。小学校なので休みの日は開いていません。ここもスタンプラリーのはんこは置いていませんが、れっきとした伏見の名水です。


キンシ正宗<常盤井水 -ときわいのみず->

会員制と書いてあるので躊躇しますが、それはそれ。工場の中に有りますのでスタンプラリーの日祝は大丈夫でしょうが、それ以外は門が閉まっている可能性もあります。

ホームページ有り


ここまででテクテク歩いて、水を汲み、写真を撮って土地勘のある人で1時間半位です。

さあ後3つです。頑張って歩きましょう!と言いたいところですが、私は車で巡りました。


城南宮<菊水若水 -きくすいわかみず->

京都インターすぐにある幕末の鳥羽伏見の戦場にも近く、京都の玄関口として今も昔も戦略的価値の高い場所にあります。4月末、11月最初に行われる「曲水の宴」でも有名です。方除けの神様ですので、自動車のお払いでは有名です。お払いを受けると、「曲水の宴」が行われる庭園に無料で入れ、お菓子と抹茶も付いています!

ホームページ有り


清和荘<清和の井 -せいわのい->

バスの送迎もある料亭です。もちろん清和の井の水で調理しています。スタンプラリーの時は水が出ていますが、それ以外の日は出ていないときもあります。伏見たばこ商業組合の前に有ります。 近藤勇遭難の碑が2009年建立されています。

ホームページ有り


藤森神社<不二の水 -ふじのみず->

菖蒲の節句発祥の地です。勝負の神様ですので、JRAの絵馬も掛かっています。私も一ページ作っていますのでぜひご覧ください。

ホームページ有り


乃木神社<勝水 -かちみず->

明治天皇稜の近くにある乃木神社。乃木希典を祭ってあります。60年ぶりに復活した名水です。最寄の御香宮からここへはちょっと歩きが必要です。

ホームページ有り


スタンプラリーが終了すれば、こんな景品がもらえました。が、伏見の銘酒を買っていませんでした!でも抽選で酒がもしかしたら当たるかもしれない!なんて淡い期待を抱きつつ、伏見名水巡りのレポートを終了します。

京都のねぎ麻呂のホームページへ