今日は、 です。
  あなたは 人目のお客様です。(2001年12月22日より)





現在、見張り役3人の責任を追及する民事裁判提訴中です。
少年達は「責任がない」と争っています。
H13年3月31日(土)の昼間、殴られていたのを目撃された方や、
少年たちが悠をやった自慢話を聞かれた方や、
どんな些細なことでも結構です。
情報を集めていますのでご連絡お願いします。
メールkazuyo_aoki@mercury.sannet.ne.jp

TOP
生きた16年
思い出
夢・目標
葬式の挨拶
事件概要
意見陳述
お知らせ
現在の活動
小学校対応
ご意見
メール
日記・報告
  リンク

青木悠は、弱音を吐かず、前向きに生き、
少年法改正の前日H13年3月31日に小学校に呼び出され、
『障害者のくせに生意気』
と17才と15才に執拗に暴力を受け、脳死状態にされ
ICUで涙を流して、4月6日に亡くなりました。

H11年8月に交通事故に遭い、頭を強く打ったため、
左半身不随になり、寝たきりのチューブだらけから、
8ヶ月入院し1年以上リハビリして、
やっと歩けるようになり、
リハビリのため、定時制行ってたのを、
大学進学目指し、昼間の高校受験し、
H13年3月27日合格して、毎日ニコニコして、
「これから、今までお母さんに心配かけた分、
親孝行する」と言ってた矢先でした。

障害者2級の手帳を持つ、無抵抗で自分の身体を
支えることも出来ない悠を、何10発も殴られ
コンクリートに頭から何度もバックドロップかけられ、
脳死状態まで見ていた見張り役の15才の3人、
最初から最後までずっと2階から見ていて、
110・119番も電話しなかった人を、
一生許すことはできない。

     
              

たくさんの署名・暖かい励ましありごとうございます。
皆様の励ましでここまでこられました。心から感謝してます。


このホームページにおける写真その他すべての情報の無断複製、活用することを一切禁止いたします。